施工実績

特定都市浸水対策に基づいた施工で作った駐車場

特定都市浸水対策に基づいた施工で作った駐車場です。
駐車場の下に雨水を一時的に貯めるタンク(雨水貯水タンク)が埋めてあります。

特定都市浸水対策2016年6月8日

境川流域では、かつては、田畑、ため池、森林が広がり、降った雨を貯めたりしみ込ませたりする自然の洪水調節機能(保水・遊水機能)がありました。都市化が進むと、雨水を貯めたりしみ込ませたりする田畑がなくなり、地表がコンクリートやアスファルトで覆われます。
そのため、地表を流れる雨水の量が増して、短時間の降雨でも川や下水道の能力を超えて、道路冠水や床上浸水などの浸水被害を招きます。
境川流域では、川の改修工事だけでなく、流域全体で対策をする必要があり、は学校や公園等の地下に雨水を一時的に貯めて浸水被害を軽減する施設を作っています。 又、歩道や道路側溝桝等を整備する際に浸透能力のあるものを採用しています。

各家庭でも、駐車場に透水性舗装や雨水桝を浸透雨水桝を使うことで、雨水流出抑制を進めることになります。

usuiryuusyutuyokusei

関連記事

施工事例

  1. 特定都市浸水対策に基づいた施工で作った駐車場です。
  2. 特定都市河川浸水被害対策法の許可を受けた駐車場水はためるけど、水たまりをつくらないのがポイン...
  3. ...

Facebook